大学・短大の卒業式袴レンタルはお任せ!豊富な着物を全国に宅配します

貸衣裳ぽえむ

いつでも気軽にお問い合わせください 0120-140-375 受付時間:月・水〜日曜 10時〜16時(火曜定休)

お支払い方法


営業カレンダー

…定休日

●ネットでのご注文は
24時間受け付けております。

●店舗へのお問い合わせは
下記の時間帯にお願いします。
《営業時間:AM10:00〜PM16:00》

日本インターネットレンタル協会

コロナキャンセル

大学・短大の卒業式袴のカテゴリー

大学・短大の卒業式袴 Pick Up商品

白地に吉祥麗華慶びの蝶モダン

大人用卒業袴
白地に吉祥麗華慶びの蝶モダン

¥ 19,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「舞ひめ」ブランド 緑地に絢爛縁起吉祥華×紺袴

大人用卒業袴
緑地に絢爛縁起吉祥華×紺袴

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「桂由美」ブランド 白地に彩りの絢爛慶華×紺袴

大人用卒業袴
白地に彩りの絢爛慶華

¥ 39,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「琴音」ブランド黒地に煌きの彩華×緑袴

大人用卒業袴
黒地に煌きの彩華×緑袴

¥ 19,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「CECIL McBEE」ブランド 赤地に薔薇モダン×緑袴

大人用卒業袴
赤地に薔薇モダン×緑袴

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「紅一点」 白地モダン吉祥絢爛春華×紺袴

大人用卒業袴
白地モダン吉祥絢爛春華×紺袴

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「桂由美」ブランド 白地に絢爛彩りの慶華×紺袴

大人用卒業袴【桂由美】
白地に絢爛彩りの慶華×紺袴

¥ 32,800円 (税込)

>> 詳しく見る
オレンジクリームに古典彩り慶華×緑袴

大人用卒業袴
オレンジクリームに古典彩り慶華×緑袴

¥ 19,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「桂由美」ブランド 白地に慶び絢爛華×紺袴

大人用卒業袴
白地に慶び絢爛華×紺袴

¥ 32,800円 (税込)

>> 詳しく見る
水色に慶びの春彩華×エンジ袴

大人用卒業袴
水色に慶びの春彩華×エンジ袴

¥ 19,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「桂由美」ブランド 絢爛慶びの薔薇×緑袴

大人用卒業袴
絢爛慶びの薔薇×緑袴

¥ 34,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「Xmiss」 黒地彩りの絢爛華×エンジ袴

大人用卒業袴
黒地彩りの絢爛華×エンジ袴

¥ 19,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「桂由美」ブランド 黒地に慶びの吉華×エンジ袴

大人用卒業袴【桂由美】
黒地に慶びの吉華×エンジ袴

¥ 32,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「ジャパンスタイル」ブランド 白クリームに飛翔鶴×エンジ袴

大人用卒業袴
白クリームに飛翔鶴×エンジ袴

¥ 16,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「紅一点」ブランド 黒地に慶びの彩華×エンジ袴

大人用卒業袴
黒地に慶びの彩華×エンジ袴

¥ 16,800円 (税込)

>> 詳しく見る


大学・短大の卒業袴ページをご覧いただきありがとうございます。

卒業袴についての豆知識

礼装にふさわしい袴姿

袴はその昔、平安時代に宮廷に仕えていた女性たちが、十二単の一部として身に着けていた衣服です。
それが、明治や大正時代に入り、女学生の制服として採用されたものというのはご存知でしょうか?しかし、昭和に入ると、洋服がどんどん浸透していき、徐々に袴の着用機会が減っていきました。 現代では、卒業式の日などに女子学生や教師たちが袴姿で式に出るという時ぐらいしかあまり見かけることはないでしょう。それではなぜ、卒業の日には袴姿で式に出るのでしょう?
前述したように、明治時代に女学生の制服として採用された女袴ですが、これは、元々宮中の女官服に使用されていたという由来から『学問の場にふさわしいきちんとした身なり』と受け入れられたためです。 従来の「着物+帯」というスタイルと比較すると、袴姿は動きやすいという機能面がメリットになることもありますが、それ以外にも、優美さと礼容を兼ね備えている点が女学生の制服としてポイントになったそうです。
このような歴史があり、現在でも卒業式という厳かな式典には、最適な服装として袴が衣装として着られているのでしょう。因みに、袴姿は学生だけでなく、教職員の礼装としても定着しています。

袴姿は憧れの的!?

上述したように、明治時代には袴が女学生の制服として採用され、学校では教師も袴姿で教鞭をとっていたそうです。 そしてこの当時は、現在のように高等女学校への進学率は高くなく、女学校に通う女性というものは所謂『特権階級』のようなものだったのです。 そのため、『袴姿』というものは、特権階級である女学生の象徴として、多くの女性の憧れの的だったそうですよ。
また、ファッションの流行というものは、このころから女学生たちが作るものだったそうで、当時の女学生はファッションリーダーのような役割を果たしていました。 西洋からどんどん入ってくるファッションアイテムをいち早く取り入れるのも女子学生たちで、革靴のブーツが販売されるといち早く取り入れ、 袴にブーツを合わせてみたり、髪には大きなリボンをつけるといった和洋折衷のスタイルを楽しむ等、様々なスタイルを大流行させたといわれています!

現在にも、生徒の旅立ちの舞台である卒業式の日に、華やかな袴姿で着飾るというのは、学業との結びつきが強い衣装という面と、誰もが憧れたという歴史が関係しているのかもしれませんね!

教職員の袴姿も増加

近年では、卒業生のみではなく、教職員の方が卒業生へのはなむけの意味を込めて袴姿で卒業式に出席する方も増えているそうです。 その理由のほとんどは「卒業生のため!」だという事で、生徒の旅立ちの舞台である卒業式には、普段の服装とは違う袴を身に着け、髪も袴に似合うようにきちんとセットし式典に挑むそうです。
やはりこれは、大切な生徒が旅立っていく特別な日だからこそ、自分自身も特別な出で立ちで生徒を見送りたいという思いからなのでしょうね。