色留袖レンタルなど五つ紋の着物レンタルのことならぽえむ

貸衣裳ぽえむ本店

いつでも気軽にお問い合わせください 0120-140-375 受付時間:月・水〜日曜 10時〜17時(火曜定休)

お支払い方法


営業カレンダー

…定休日

●ネットでのご注文は
24時間受け付けております。

●店舗へのお問い合わせは
下記の時間帯にお願いします。
《営業時間:AM10:00〜PM17:00》

日本インターネットレンタル協会

色留袖のカテゴリー

ぽえむの色留袖 Pick Up商品

桂由美 色留袖レンタル「箔琳 グリーン」

桂由美色留袖レンタル
「箔琳 グリーン」

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
桂由美 色留袖レンタル「箔琳 ピンク」

桂由美色留袖レンタル
「箔琳 ピンク」

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
桂由美 色留袖レンタル「箔琳 クリーム」

桂由美色留袖レンタル
「箔琳 クリーム」

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
桂由美 色留袖レンタル「優花」

桂由美色留袖レンタル
「優花」

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「桂由美ブランド」色留袖レンタル 京彩絵巻

「桂由美ブランド」色留袖レンタル
「京彩絵巻」

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
大きいサイズ色留袖レンタル特選色金箔蒔絵

大きいサイズ色留袖レンタル
「特選色金箔蒔絵」

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
大きいサイズ色留袖レンタル 桂由美 宝尽くし

大きいサイズ色留袖レンタル
桂由美 宝尽くし

¥ 29,800円 (税込)

>> 詳しく見る
大きいサイズ色留袖レンタル 桂由美 慶京の熨斗

大きいサイズ色留袖レンタル
桂由美 慶京の熨斗

¥ 29,800円 (税込)

>> 詳しく見る
「特選京友禅」色留袖レンタル「葵の絆」黄

「特選京友禅」色留袖レンタル
「葵の絆」黄

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
特選京友禅 色蒔絵金銀箔模様「葵の絆」青

「特選京友禅」色留袖レンタル
「葵の絆」青

¥ 24,800円 (税込)

>> 詳しく見る
特選京友禅 色蒔絵金銀箔模様「葵の絆」紫

「特選京友禅」色留袖レンタル
「葵の絆」紫

¥ 29,800円 (税込)

>> 詳しく見る

貸衣裳ぽえむの色留袖レンタルページをご覧いただきありがとうございます。

色留袖についての豆知識

着物の豆知識 TPO編

近年では普段着として着物を着用すことがほとんどなくなってしまい、着物にまつわる決まり事などを知らないと言う方は非常に増えています。 皆さんもご存じの通り、着物には様々な種類があり、その種類によって格付けがあります。そしてその格付けによって着物の着用は、本来TPOを考えなければいけませんでした。 しかし、最近ではこういった仕来りめいたものはあまり気にしない人も多くなり、留袖柄等の選び方は年々華やかな物が選ばれる傾向にあります。 例えば、皆様が留袖柄を選ぶときに「ちょっと華やかすぎるかな?」等と気になる場合でも、最近は好きな物を着るお母様が増えておりますので、そこまで心配する必要はないでしょう。 また、袷・単衣・絽の着物の着用月も本来は決められていましたが、これはエアコンがない時代に決められたものであり、エアコンが当たり前の時代になった現代では、その着用月を無理に守る必要はないでしょう。 実際に現代で着用される着物は、袷が95%以上を占めているとも言われています。

色留袖について

実は留袖の仕来りは意外と厳しく、黒留袖はミセス(既婚)の方のみ着用可能な物です。 しかし、色留袖は未婚、既婚に関わらず着用可能な着物なので利用範囲は非常に広いです。 また、色留袖は利用シーンも幅広く、結婚式や披露宴に友人として出席する時、遠縁の親戚や上司の妻として参列するとき等も色留袖が利用できます。 更には、色留袖は宮中での正式礼装に位置付けられるものですので、褒章、叙勲の伝達式に臨む奥様の正装として活躍していました。今でも格式の高いパーティーや結納などで活躍するのが色留袖です。 色留袖と黒留袖の大きな違いは、色留袖の地色が黒以外の色だという事で、色留袖には本当にたくさんの色の物が用意されています。 尚、色留袖にも格付けがあります。色留袖は、五つ紋付、三つ紋付、一つ紋付等と呼ばれるものがあり、紋の数が多いほど格が高くなります。 基本的に五つ紋の色留袖の長襦袢には白を合わせますが、それ以外は淡い色がついてもかまいません。

色留袖とは?

色留袖とは、黒地以外の裾模様で未婚の方でも着用できる衣装で、新郎新婦の兄妹やいとこなど近い親族が着用します。 黒留袖と違い色留袖は未婚、既婚に関わらず着用可能な着物なので、結婚式や披露宴に友人として出席する時、遠縁の親戚や上司の妻として参列するとき等の幅広いシーンで色留袖が利用できます。 色留袖は宮中での正式礼装に位置付けられる礼装なので、褒章、叙勲の伝達式に臨む奥様の正装としても活躍しています。 色留袖と黒留袖の大きな違いは、色留袖の地色が黒以外の色だという事で、色留袖には本当にたくさんの色の着物が用意されています。

年代や立場による留袖の選び方

一言に『留袖』と言っても、年齢や立場によってふさわしい着物は変わってきます。以下に立場別の留袖の選び方をご紹介しますので参考にしてみてください!

  • ●兄弟姉妹、近親者の結婚の場合
    留袖の模様は、裾模様の面積が小さく、模様の位置が低いものほど年配者向けだと言われています。若い方が着用する場合は、大き目の柄をあしらった可愛らしい色の物であれば華やかで良いでしょう。 尚、年配の方が着用する場合は格式も考えてスッキリとした格調高い留袖を選びましょう。
  • ●新郎新婦のお母さまの場合
    新郎新婦のお母さまは、結婚式では準主役という扱いですので、最近では派手目な留袖が好まれます。もちろん格式の高いシックな物ほどいいでしょう。 絵柄のイメージとしては、昔の方であれば鶴、亀、松竹梅、四君子、鳳凰等がおめでたい席には格が高いと言われますが、最近ではモチーフは気にせず好きな柄を選ぶ傾向が強いです。 もちろん、おめでたい席ですので桂由美などのブランド留袖は非常に人気が高いです。
  • ●仲人さんの場合
    仲人さんの場合は、年齢に合わせた落ち着いた柄で選ぶと上品で良いでしょう。また、若い方が仲人を行う場合でも、絵柄は比較的地味な物を選び、花嫁を引き立てるようにすると魅力的ですね。

留袖や色留袖などは、1年の中でも何回も着用するといった事は現代では少なくなっていますよね。 また留袖を着用する場面を考えた場合でも、場や出席する立場、年齢などによって着るべき留袖は変わってきます。 しかし、良質な着物は決して安いものではありませんし、お手入れや保管もとても大変ですね。 その点、着物をレンタルする場合なら、良質な着物をお手頃価格で必要な時にだけ借りる事が出来、面倒なお手入れなども不要です。 留袖が必要になった場合には、是非、貸衣裳ぽえむにご来店ください!